Wi-fi速度が3倍早くなる方法

このガジェットがすごい

自宅でパソコンを使っていても無線Wi-fiの速度がイマイチ。

速度が遅い、、、

イライラ、、、

そんな悩みがあるなら、無線LAN子機が解決してくれるかもしれません。

というのも、先日、無線LAN子機を購入したところ、
室内のWi-fi環境が爆速になったからです。

無線LAN子機を使ったらWi-fi爆速

自宅はWi-fi環境。
光回線をWi-fiで飛ばしています。
しかし、ルーターの性能なのか、時間帯によって速度が落ちます。

auひかりを使っていて、そのルーターにWi-fi用のルーターをかませています。
それで遅いのかもしれません。
とはいえ、auひかりのルーターを外してしまうとネットに繋がらない。

速度に不満がありながらも、仕方ないと思い使っていました。

ですが、無線LANの子機を使ったことで速度が劇的に上がりました。
今回購入したのが、これです。

TP-linkのAC1300 ハイパワー デュアルバンド無線LAN子機

  • 5GHzで867Mbps
  • 2.4GHzで400Mbps

です。

接続方法はUSB接続。
USB-Cの場合は、変換プラグが必要です。

 

TP-Link WiFi 無線LAN 子機 AC1300

速度チェックしたら、通常の3倍

どれくらい速くなるのか見てみましょう。

使用環境

  • 回線はauひかり
  • auひかりのルーターにTp-linkの無線Wi-fiルーターをアクセスポイントで接続
  • macbook pro
  • 同一階での接続

まずは、普通にAC1300を使わずに無線Wi-fi接続します。

120Mbps

まずまずの速度。

次に無線LAN子機を接続してみる。


回線速度は、、、

 

 

!?

390Mbpsだと!

なんと3倍以上。
シ、シャア、、、じゃないのか!?

早くなるのは期待してたけど。
改善しすぎでしょ。
3倍って。

無線LAN子機AC1300を使ってみた結論

無線LANで速度が出ないなら、子機を使ってみるのもアリ。
回線速度が遅いな、、、
とお悩みなら、無線LAN子機オススメです。

購入はこちらから

TP-Link WiFi 無線LAN 子機 AC1300