【注意喚起】アメリカン・エキスプレスのフィッシング詐欺が流行ってる?

ニュース速報

どうもアメリカン・エキスプレス・カードのフィッシング詐欺が流行っているようです。

昨日、アメリカン・エキスプレスから「アカウントの異なる端末からのアクセスのお知らせ」というメールが届きました。

もし、あなたのメールボックスにも同様のメールが届いていたら、詐欺メールです。
なのでサイトにアクセスする事なく、さっさと削除してしまいましょう。

この記事では、

  • アメリカン・エキスプレスから届いたフィッシング詐欺メールの内容
  • 詐欺メールを見極める方法

について解説しています。

アメリカン・エキスプレスから怪しいメールが届いた

4月25日19時 アメリカン・エキスプレス・カードから「アカウントの異なる端末からのアクセスのお知らせ」というメールが届きました。

アメックスのカードは1枚持っていて、利用もしているのでチェックします。

すると、次のような文面が。

アメリカン・エキスプレス・カードの会員様【American Express】アカウントは異なる端末からのアクセスを確認いたしました。
アメリカン・エキスプレス・カードは一時利用停止されました、
【American Express】アメリカン・エキスプレス・カードの資金安全を確保するためにご本人でセキュリティ強化、再開手続きの設定してださい。
——————————————————
■下記のURLをクリックしてログインを設定してださい(設定してから【American Express】アメリカン・エキスプレス・カードの会員様の制限は解除します)

普段使っているカードだったら、焦りますよね。
思わず、URLをクリックして手続きしてしまう人もいると思います。

メール全文はこちら。

 

それっぽいですよね。
ですが、怪しいところが散見します。

わかりますか?

それでは、怪しい詐欺メールの見分け方について解説しましょう。

フィッシング詐欺メールを見極める3つのポイント

フィッシング詐欺を見極めるポイントがいくつかあります。このポイントをチェックしていけば、大抵の場合、「あ、これ釣りだな、、、」と気付きます。

それが、、、

  • 送信元をチェックする
  • 電話番号をチェックする
  • URLをチェックする

です。

送信元をチェックする

送信元のメールアドレスをチェックする方法です。これで大体、わかります。

メールを開いたら、上部に「送信元」や「From」がありますよね。通常、相手が表示させたい名称に変わっています。ですが、そこをクリックすると元のアドレスが見えます。ここをチェックしましょう。

今回のアメックス詐欺メールの場合、

「admin@a3.4cxwjd.rest」

と言うアドレスが表示されます。

一瞬でアメリカン・エキスプレスと関係がないのがわかりますよね。
ただし、注意が必要。
用意周到な相手の場合は、似たようなアドレスを取得してくる恐れがありますから。

リンクのURLをチェックする

リンクのURLをチェックします。企業のHPへつながるURLは、企業名が入っています。
アメリカン・エキスプレスの場合、

americanexpress.com

です。

しかし、届いたメールのアドレスは

ameunaeqas.com

となっています。

もうアメリカン・エキスプレスと関係ないことが丸わかりのアドレスです。

電話番号をチェックする

最後は電話番号です。大手企業の場合、お問い合わせ専用番号は、0120のフリーダイヤルです。

しかし、このメールの文面の電話番号は

0800-181-0778

です。

ちょっと怪しい。

ひどいところは露骨に携帯電話番号の時も……。
ただ、最近は080番号の企業もあり判断に迷います。

そこでオススメなのは、

電話番号を検索する

事です。

普通にGoogleで検索してみましょう。

すると上記の電話番号は、アメリカン・エキスプレスのドイツのカスタマーセンターの番号だとわかります。

電話は本物使ってきたのか。。。。って感じですね。
リンク先に遷移させるのが目的なので、電話はいいのかもしれません。

フィッシング詐欺協議会の情報をチェックする

実はフィッシング詐欺協議会と言う団体があります。ここはフィッシング詐欺の最新情報を発信しているので、定期的にチェックしておきましょう。

さらに調べてみると、すでにニュースにもなっていました。
フィッシング対策協議会が注意喚起をしています。

アメリカン・エキスプレス(アメックス)をかたるフィッシングメールが拡散されているとして、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けている。

引用:https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1245550.html

フィッシング詐欺協会のサイトは、こちら

https://www.antiphishing.jp

アメリカン・エキスプレスのフィッシング詐欺メールのまとめ

今回はアメリカン・エキスプレス・カードから送られてくるフィッシング詐欺メールの内容と見分け方について解説しました。

Amazon、楽天、LINEなど、その他にも詐欺メールはたくさん送りつけられてきます。ぜひ、この情報を参考に、詐欺メールに引っかからないように注意してください。

基本的な対策としては、

個人情報の変更に関わらるメールが来たら、一回調べること

犯人の手口は、焦らせて判断力を鈍らせるためにあらゆるワードを使ってきます。

  • 料金が発生します
  • カードが使えなくなります
  • 今すぐ手続きしないと大変なことになります

など。

でもちょっと待ってください。
そんな時こそ、冷静に対応が必要です。
メールの文面を注意深くみていくと必ず違和感があります。

ぜひ、怪しい情報を見抜く力を身につけて安全安心にネットを利用していきましょう。