オーディオブックは本当に良いのか!?

代替えテキスト
キャプション
このガジェットがすごい

本は好きなんだけど、なかなか読む時間がない

本棚や机の上には読んでいない本が山のように積んである

そんなことってありませんか?

 

ついつい本屋の新刊コーナーに立ち寄って

「お、これ面白そう」

と買ってしまう。

一冊、二冊と本が増えていき、
気がついたら読んでいない本が50冊以上……。

小説だったら早く読見終わる。
でもビジネス書になると
なかなか進まないこと。

ありませんか?

とにかく積み重ねられて、
ホコリが溜まった本たちを見てはため息だ。

そんな日常を過ごしていた。

 

そんなときに出会ったのが、

「オーディオブック」

これまでは語学学習用くらいの認識しかなかった。
でも、ビジネス書から小説までジャンルは豊富。

自動読み上げの機械音は嫌だけど、
ちゃんと朗読されたものならどうだろうと、
無料お試しで聴いてみた。

聴いてみた感想は、、、

「何か、すごくスローな気がする」

だ。

なんかムズムズする遅さだ。
本を朗読しているからだろうか、
自分が頭の中で読むスピードより
かなり遅く感じる。

そこで1.5倍速で再生してみる。

「お、今度はいい」

すると、今度はちょうどいい。
これならストレスなく読めそうだ。

本は電車の中でも読めるが、
満員電車だとそうも行かない。

密着している中で本を
広げるわけにも行かないからだ。

でも、オーディオブックなら
スマホとイヤホンさえあればいい。

さらに本を持つ必要が無いので
ちゃんと、つり革もつかめる

急ブレーキでバランスを
崩すこともなさそうだ。

あとは歩きながらでも聴ける点がいい。

さすがに歩きながらでは本は読めないからだ。
その点で言えば、車を運転していても聴ける。

つまり紙の本が読めないシーンでの利用が便利だと感じた。

代替えテキスト

あとは読書速度だ。

再生速度が1.5倍とか2倍、3倍など変更ができる。

僕の場合は、今、2.5倍で聴くことができる。
そうなると時間がものすごく短縮できる。

もちろん、聞きのがしてしまう部分もあるだろうけど。
もう一度聞き直したって、それほど時間がかからない。

  • 最初は等倍。
  • 次は2倍。
  • 最後に3倍

と少しずつ早くして聴いても
いいかなと思う。

それでも何度も繰り返しても、
紙の本を読むよりも
時間がかからない。

なので、知識の定着率もあがるんじゃないだろうか。

 

でもデメリットもあった。

それは、、、

自分の欲しい本がオーディオブックになっているとは限らない点だ。

さすがに全ジャンル網羅されているわけではない。
それこそ、マニアックな本はない。
メジャーな本がメインだ。
それはそうだろう。

あとは値段。
朗読している分、やはり値段は紙の本より高くなる。
もちろん、オーディオブックもセールがある。
安い時買う方法もある。
そこは上手く活用したいところだ。

とはいえ、
ながら聴きで本が読めるメリットは
かなり大きいと感じた。

特に僕のように本を読むのが遅いとか
時間がなくて読めない人にはスキマ時間の活用になる。

 

ちなみに僕が活用しているオーディオブックはこちら

↓  ↓  ↓

1ヶ月の無料お試しがあるので気になる方は
試してみて。