コロナウイルスで下落の今が買い時!バフェット流投資法

資産運用

いつまでコロナウイルスの影響は続くのか、今日も株式市場は下落の一途。
逆に金や債権などが上がっています。
リーマンショック級の下げを記録する可能性も出てきました。

私自身も2〜3日前まであった含み益の8000円が2000円台まで下がっています。(元金が少ないから痛手でもないけどね)

ここで買い増すのか、それとも売却か、、、。

悩む人も多いのではないでしょうか?

そんな状況の中、偉大な投資家ウォーレン・バフェット氏は強気の発言をしているようです。

ウォーレン・バフェット、、、株、買い増すってよ!

アメリカ投資会社バークシャー・ハサウェイのCEOを務めるウォーレン・バフェット。彼は投資の世界では「神様」と呼ばれています。そんなバフェット氏は、新型コロナウイルスの感染拡大に懸念を示しつつも「売る時期ではない」と語ります。

アメリカCNBCでのインタビューでバフェット氏は次のように語っています。以下、インタビューから株式関係に言及しているところを抜粋、翻訳しました。

コロナウイルスのために長期的な見通しは「変わらない」

「私たちは20〜30年間、企業を買収して所有しています。私たちはそれらを全体で購入し、一部で購入します…そして、20年および30年の展望はコロナウイルスによって変わらないと思います。」

クラフトハインツは借金を返済し、配当を維持すべき

「クラフトハインツは借金を返済すべきだと思う。現在の状況下では、合理的なレートで配当金を支払い、債務を返済できるようです」とバフェットは述べた。 「借金が多すぎますが、返済できない借金はありません。債務保有者は利子を得る予定であり、債務は年末までに返済されるはずです。そうなると思うし、現在の配当でそれができると思う。」

バフェット、コロナウイルスについて「科学顧問」ビル・ゲイツと話す

「今、彼らが手に入れたいのは、普遍的なインフルエンザワクチンですが、それはまだ先のことです。不可能ではありません。私自身に尋ねたのです。私自身の科学顧問はビル・ゲイツです…ここ数日彼に話をしました。彼はそれを普遍的に予防するための長期的な見通しについて強気です。」

暗号通貨には基本的に「価値がない」

「暗号通貨は基本的に価値がありません」とバフェット氏は述べ、彼らは何も生み出さず、投資家の小切手を郵送しないと述べた。代わりに、価値は他の誰かが将来より高く評価するという信念から導き出されます。 「価値の面では、ゼロを知っています」と彼は言いました。

ビジネスを完全に購入するための「プレミアム」

コングロマリットとして、バークシャーハサウェイはビジネス全体を買収することで知られています。しかし最近、バークシャーは企業全体ではなく、企業の株式を購入することを支持しています。 「かなりのプレミアムがあります」とバフェット氏はビジネス全体を購入することについて述べました。 「プレミアムの一部は、これらのビジネスを購入するのにそんなに安くお金を借りることができるからです。」

非常に珍しい状態

米国の10年国債の利回りが2016年7月以来最低水準に落ちたため、バフェットは「非常に異常な状況」があると述べました。

「インフレ率が年に2%になるという政府の政策では、米国政府に1.4%のお金を貸しても意味がありません。政府は、1.4%を提供し、それに課税することをあなたに告げていますが、一方で、おそらく年間2%でそのお金を切り下げます。これらは非常に珍しい状態です。」

バフェット、スマートフォンを手に入れる

Appleで大きな地位を築いているにもかかわらず、バフェットは今までスマートフォンを持っていなかったことで有名です。 「私の折り畳み式携帯電話は永久になくなっています」と彼は言いました。

バークシャーは他の会社よりも株式を買い戻すのが「難しい」

バフェットは、バークシャーハサウェイが大量の株式を買い戻すことは難しいと言いました。 「バンク・オブ・アメリカが株式を買い戻すと言うよりも、バークシャー株式を買い戻すのは難しいです…彼らは市場を動かさずに本当にそれを行うことができます。」 「バークシャーは、主にそれを維持する人々によって保持されています」と彼は言いました。

Appleは私が世界で知っている最高のビジネス

アップルは、保険および鉄道に次いで、バークシャーハサウェイの3番目に大きな企業です。彼はこの会社を「おそらく私が世界で知っている最高のビジネス」と呼んだ。バークシャーは事業の約5.5%を所有している、と彼は言った。

バフェットは、バークシャーは彼の有無にかかわらず同じ価値がある

近年、89歳のバフェットの後の時代にバークシャーハサウェイで何が起こるかについての質問がありました。「私がいないバークシャーは、私がいるバークシャーと本質的に同じ価値があります。私の付加価値は高くありませんが、価値を引き下げるとは思いません」と彼は言いました。

銀行株は「他のほとんどの証券と比較して非常に魅力的」

「私たちが所有する銀行について非常に良い気分です。私が見る他のほとんどの証券と比較して、これらは非常に魅力的です」とバフェットは言いました。

銀行は、2480億ドル以上の価値があるバークシャーハサウェイのポートフォリオの大きな部分を占めています。ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、BNYメロン、一部の人は、コングロマリットが分割された場合、バークシャー・ハサウェイのビジネスはより収益性が高くなる可能性があると述べたが、バフェットは実際にはビジネスに悪いだろうと述べた。

「スピンオフを行うことができます。非常に大きな税金負債がなければ、事業全体を処分することはできません」と彼は言いました。

「それは利益を生まないでしょう。しかし、それらを一緒にすると、非常に価値のある相乗効果が生まれます。」

「次の24か月で、私たちが持っているビジネスを購入して最高入札者に売ることができると発表しただけでは、利益はありません」と彼は付け加えました。

コロナウイルスの大流行は、投資家が株をどうするかには影響しない

パッシブ投資がますます一般的になるにつれて、バフェットはインデックスファンドを大企業に例え、アメリカ国民はパッシブ投資への熱意で「ワイルド」になっていると述べました。 「500件の企業をまとめて購入します。これが究極のコングロマリットです。」

「ビジネスの非常に大きな割合」がコロナウイルスの影響を受ける

コロナウイルスの大流行が株を襲うと、バフェット氏は、「当社の事業の非常に大きな割合が一方向に影響を受ける」と述べた。しかし、彼は、ビジネスも他の多くの影響を受けていると付け加え、本当の問題はそれらのビジネスが5年から10年のうちにどこに行くかであると言った。 「彼らには浮き沈みがあります」と彼は言いました。

具体的には、カーペットメーカーのショー・インダストリーだけでなく、アップルとデイリー・クイーンがヒットしていることを指摘しました。

「今日の見出しに基づいて」売買しない

コロナウイルスが原因で市場のボラティリティが高まると、バフェット氏は日々の動きに基づいて投資判断を下さないと述べました。 「今日の見出しに基づいてビジネスを売買することはありません。好きなものを買う機会があり、もっと安く買えるなら幸運だ」と彼は言い、「日刊新聞を読んで市場を予測することはできない」と付け加えた。

「それは私たちにとって良いことだ」とバフェットは株を落とす

月曜日のオープニングベルの前に株式先物が下落したため、バフェットは「それは私たちにとって良いことだ」と述べた。 「私たちは時間の経過とともに株式の純購入者です」と彼は言いました。 「ほとんどの人は貯蓄者です。彼らは市場が下降することを望むべきです。彼らはより低い価格で購入したいはずです。」

原文出典:https://www.cnbc.com/2020/02/24/warren-buffet-interview-live-updates.html

バフェット氏は買う気満々

長々とインタビュー内容を引用したが、要するに、、、

  • ニュースで一喜一憂するな
  • コロナの影響は長期的ではない
  • 安いうちに買っておけ
  • 長期的に反映するビジネスを買え

といったところでしょう。
バフェット氏の投資スタイルは基本的に長期保有ですしね。

そういえば、バフェット氏は22日、毎年恒例になっている「株主への手紙」を公開していて、その中で積極的に株式運用する方針を語っていました。

つまり、バフェット氏は買う気満々なわけです。

暴落はチャンスであり、買い時です。
リスクはありますが、これまで高くて買えなかった株を買える可能性がありますからね。

インタビューでも語っていますがアップルとか。

結局、投資の神様は何を買っている

インタビューでも語っていますが、バフェット氏が注目するのは銀行株。

有名どころの

  • バンク・オブ・アメリカ
  • ウェルズ・ファーゴ
  • JPモルガン・チェース

高配当銘柄としても知られているため、長く持つには有効。
安い時に買って、長期間保有することで配当と値上がり益を狙えます。

市場が不安定なときは

「どんな株を買えばいいかわからない」

と不安になりますよね。

そんな時は、バフェット氏のような有名投資家たちが何を買っているのかに注目するのが安全かもしれません。

 

インタビューの動画はこちら

 

米国株を始めるなら取り扱い銘柄がダントツのマネックス証券がオススメです。

 

米国株を始めるなら高配当株がおすすめ