プロテインが飲みづらい!?シェーカー不要のプロテイン発見

健康が一番

最近、ジムで筋トレをしているます。筋トレといえば、運動後のプロテイン摂取は必須ですよね。
運動後30分以内に飲むのが効果的とされています。

でもこのプロテイン、飲みづらいと思ったことはありませんか?
しかも、粉がなかなか水に溶けない。
専用のシェーカーがありますが、

ロッカールームでシャカシャカやる勇気が僕にはありませんでした、、、、。

ゼリー飲料にプロテインが入ったものも考えたのですが、あれは原材料の多くは果糖ブドウ糖液糖。
つまり糖分。
ダイエット効果を狙って、カロリー制限している身にとっては、糖分取るのもちょっと、、、。

ということで、いろいろ検索してみた結果、いいものを見つけたのでご紹介しますね。

粉のプロテインは飲みづらい

ジムで筋トレといえば、プロテインはつきものです。
というか、トレーニングしている人ならプロテインはきっと摂取していると思います。

そのプロテイン。

飲みづらいと感じたことはありませんか?

ドラッグストアやスポーツ用品店で良く見かけるでっかいパウチのプロテイン。
中にはたっぷりの粉が入っています。

これが飲みづらい。
水や牛乳などに溶かして飲むわけですが、まぁー飲みにくい。

しかも美味しくはない。
それは仕方がないですが。

それに加え、結構な量を飲まないといけない。
しかも、粉がなかなか溶けないという問題があります。

そのため、専用のシェーカーでシャカシャカ、フリフリします。

自宅ではそれでもいいでしょう。

しかしです。
トレーニング後30分以内にプロテインを摂取するのが理想的とされています。
つまり、トレーニングが終わったら、すぐに飲むことになると思うんです。

粉とシェーカーを持ってジムに行くのか、、、、。

ちょっとハードル高くないですか?

なんかちょっとあまり現実的でない感じなんですよね。

だって、ロッカールームでシェーカーにプロテインと水入れてシェーク。

結構、勇気いりませんか?

ロッカールームでシェイク

ちょっと違和感ありすぎです。

となると、ゼリー飲料で代用することになるかと思います。
しかし、ゼリー飲料は原材料が問題。
裏面を見ればわかりますが、その多くは加藤ブドウ糖液糖です。

糖分。

こちらとしてはダイエットも兼ねているため、カロリーも制限しています。
つまり、炭水化物や糖分の摂取は必要最低限の栄養を取る以外では摂取したくないわけです。
そうなるとプロテイン取るために糖分摂取するのもなーと思ってしまいます。

ということで、他に粉プロテインの代用品はないか鬼探してみました。

そこでついに見つけました。

これなら飲めるというものを!

飲みやすいくて、持ち運びにも便利!タブレットタイプのプロテイン

粉ではないプロテインを探したところ、ありました。

タブレットタイプのプロテイン。

近隣のストアには売っていなかったのですが、アマゾンで見つけました。
それがこれ。

【Kentai 100%SOYパワープロテインタブ】 

タブレットタイプのプロテイン900粒入り。

タブレットタイプのプロテイン。
タブレットケースなどに入れて持ち運べるので邪魔にならず便利です。

人工甘味料不使用で甘くありません。
甘いのが苦手という方にもオススメです。

900粒入っているので、45回分。
なので週3〜4回のトレーニングで3ヶ月くらい持ちます。

値段は3,891円(4/17現在)

Amazonだと定期おとく便にすると3,502円になります。

Amazonおとく便とは?

Amazonおとく便は、いわゆる定期購入です。

1ヶ月ごと〜6ヶ月ごとでお届け期間を設定することができます。
例えば、私の場合は3ヶ月ごとに1個で注文しました。

タブレットタイプのメリット

  • タブレットタイプで持ち運びがしやすい。
  • 粉じゃないので、シェーカーで混ぜる必要がない。
  • シェーカーが必要ないので、荷物が減る
  • シェークの必要がないので、人目を気にせずジムや会社などでもプロテインの摂取ができる。

タブレットタイプのデメリット

一回で20粒飲むのが、大変かも。

タブレットタイプのプロテイン20粒

結構量多い。と感じるかもしれません。

さすがに一回では飲めないので、数回に分けて飲む必要があるでしょう。

それでもシェークしたりする手間を考えれば、はるかに楽。

  • 粉のプロテインは飲みづらい。
  • 人前でシェーカー振るのは恥ずかしい。
  • もっと手軽にプロテインが取りたい

って人にはオススメです。

飲みやすいタブレットのプロテインを試してみる