【注意喚起】ホテルの無料Wi-Fiで仕事なんてしちゃいけません

このお店がすごい

ホテルやカフェ、空港など。
街中には無料のWi-Fiスポットがあって便利ですよね。

テザリングの必要もないし、ルーターを持ち歩かなくても、ちょっとカフェで一仕事。
なんて時にとっても重宝します。
本当、便利な世の中だなーって思います。
無料Wi-Fi最高!

、、、、残念、それ大きな間違いです。

むしろ危険です。

超危険。

本当、今まで知らなかった自分が無知すぎて怖いです。

無料Wi-Fiなんて個人情報ダダ漏れの可能性あるものを平気で利用していたなんて、恐怖以外の何者でもないですよ。

えぇ、本当。

え?何を言っているかって?

無料Wi-Fiなんて使うやつの気がしれない!って話ですよ。

、、、、、つまり以前の僕の話です。


無料Wi-Fiは個人情報ダダ漏れですけど何か?

ギガが足りなくなってきたときの救世主である無料Wi-Fiですが、危険がいっぱいです。
というか危険しかないと最近の私は判断しています。

というのも、楽天市場で不正アクセス被害にあっています。

楽天市場で不正アクセス被害にあった話はこちらの記事

楽天のアカウントに台湾から不正アクセスされた形跡がありました。
さいわいカードの不正使用はないため、ことなきを得たという感じですが。

そのことがあったため、不正アクセスについて連日調べたりしているわけです。
今後の対策として何が有効なのか?というところです。

セキュリティーソフトの導入やパスワード管理、パスワードをまめに変更するとか。
色々対策はありそうですが、何が有効なのか?
そんなことを日々考えていました。

そして先日、無料Wi-Fiが危険である、、、ということに気がつきました。(遅っ!)

なんとなく認識はしていましたが、これ理解してなかったんですね。
無料Wi-Fiは危険という認識は多少ありましたよ、もちろん。

でも、スタバとか、ホテルとか、契約しているコワーキングスペースとか。
そういうところは何となく大丈夫という認識だったんです。

甘かった、、、、、。

みんなが同じパスワードでアクセスできるということは、情報がオープンになっているのと変わらないということに気がついていませんでした。

無料Wi-Fiのセキュリティーはどうなっている?

例えば私も出張時に利用するスタバのWi-Fiはどうかというと、、、、

◆ セキュリティに関して

「at_STARBUCKS_Wi2」の無線LANは暗号化しておりませんので、秘匿性の高い情報を送受信する場合には、セキュリティを確保するSSLやインターネットVPNなどを用いて通信内容を保護することをお勧めします。

出典:http://starbucks.wi2.co.jp/pc/security_jp.html

 

直訳:ぶっちゃけセキュリティないから、必要なら自分で何とかしてね。

 

新千歳空港は、、、、

新千歳空港では、国内線及び国際線旅客ターミナルビル、連絡施設で無料無線LANサービス(NewChitose_Airport_Free_Wi-Fi)と有料会員用無線LANサービスを行っております。

無料無線LANサービス

無料無線LANサービス(NewChitose_Airport_Free_Wi-Fi)のご利用にあたっては、本サービスを提供しているNTTブロードバンドプラットフォームの利用規約に同意いただく必要があります。

本サービスは皆様に簡単にご利用いただけるよう、無線LAN端末への事前設定が必要となるWEP等のセキュリティは使用しておりません。セキュリティを必要とする通信をされる場合には、VPN(バーチャルプライベートネットワーク)や有料公衆無線LANサービスをご利用になる事をお勧めいたします。

出典:http://www.new-chitose-airport.jp/ja/service/internet_fax_copy/lan/

 

直訳;簡単に使えるようにセキュリティとかそんなの考えてないから、それが嫌なら有料サービス使ってね!

 

そういえば無料Wi-Fiにつなぐ時にセキュリティに関する注意でてますよね。
(画像はイオンのWi-Fi)

 

 

 

まぁ、、、、、要するに危険です。

要するに暗号化とかは特にしていない、もしくは脆弱なので個人情報とか扱うなよって話ですね。
個人情報ってことは、つまりログインするようなサービスは使うなってことです。平たくいうとね。でも、、、、

使うでしょ。

無理でしょ。

そんなこと考えずに使っちゃうことが多いでしょ。

もうこれ、無料Wi-Fiを使わない方向で行くしかないんじゃないかと思うわけですよ。

だって、使ってたら簡単に通信内容を傍受されてしまう危険性が伴うのです。
パスワード抜き取られてまた不正アクセスされちゃう。。。。。

仮にセキュリティが高いWi-Fiとやらがあったところで、パスワードは周知なので意味がありません。
セキュリティの意味がないんです。
だって、暗証番号を背中に貼って歩いているようなものですからね

悪意がある人が周囲にいたらアウトなわけで、、、。

もう仕事とかカフェや空港のラウンジでやってたらヤバイのです。
特に機密情報を扱ってたら、一発でアウト。
情報漏洩ってこんなところから発生しているのかもしれません。

仕事でパソコンは使っていても、ネットリテラシー高い人ばかりではないでしょう。

仕事で無料wi-fiは危険。だからモバイルルーターを持ち歩こう

いくら無料でもリスクが伴うなら利用は控えた方がいいでしょう。

特にビジネスで使う場合には、取り返しのつかないことになってしまいます。
そうならないためにも、自分専用のモバイルルーターを持ち歩くのがベストです。 

そんな時にオススメなのが

どんな時もWi-Fi

データ容量無制限でネット使い放題なのが特徴です。
通常のモバイルWi-Fiだと3日間で10GBなどの制限がありますが、どんな時もWi-Fiはありません。
なので仕事で大容量データのやり取りがある場合でも安心です。
さらに料金も2年間、月額3280円。
また海外でも使えるので、出張時にモバイルWi-Fiをレンタルする手間もありません。

もし、あなたが、、、

  • セキュリテイーが心配
  • 外出先でのネット利用が多い
  • 出張が多い

ならどんな時Wi-Fiで安心したネット環境を手に入れてください。