米国株でヘルスケア関連は大統領選も注目しよう

資産運用

ヘルスケア関連株保有しているなら、大統領選は要チェックですね。

というのも、今回の大統領候補。
民間医療保険制度の廃止を訴えるサンダース候補と現行制度温存を訴えるバイデン候補の対決となる可能性が高いからです。もしサンダース候補が優勢なら、現在のヘルスケア関連の株価は軒並み下がってしまうかもしれません。

実際、バイデン候補が優勢の報が流れると4日の米国株価は一気に上昇しました。
もちろん、大統領選だけが理由ではありません。

実はこの日、新型コロナウイルス対策に78億ドルを充てる緊急歳出法案を可決されました。米国内の感染が深刻化したことが原因のようです。先週トランプ大統領が提案した額の約3倍の歳出可決です。

かなり緊急性が伺えるので、これからコロナの影響が米国内で本格化する可能性がありそうです。

もし、ヘルスケア株を保有しているなら大統領選もチェックしておく必要があります。

ちなみに私は、

  • アッヴィ(ABBV)
  • ギリアド・サイエンシズ(GILD)

を保有しています。

緊急歳出と大統領選。この2つが重なったことで大幅は値上がりとなりました。もし、あなたがヘルスケア関連の株を保有しているなら、コロナウイルスだけでなく、大統領選の動向にも注意が必要です。

 

米国株を始めるなら高配当株がおすすめ