似合うメガネを顔の形にとらわれずに探す方法

元メガネ屋の情報

何件もメガネ店回ったけど、結局似合うの見つからなかったから
諦めてコンタクトしているんだけど、
角膜傷付けちゃって、やっぱりメガネ必要じゃん!て
いま途方に暮れている人は他にいませんか?

  • どんなメガネをかけても似合わない、、、、
  • 丸いメガネをかけたいけど、丸顔だからやめとけって言われる、、、
  • 試しにかけてみたら、なんかダサい、、、、

メガネが似合わないことを悩んでいる人は、結構多いみたいでしょっちゅう相談されます。

というのも、わたくし、もとメガネ店勤務。

なので、

「私に似合うメガネを教えて!」

と割と真剣に聞かれます。

 

私は普段からメガネでいろんなものを持っているので

それを見て、

「どうやって選んでるの?」

となるようです。

 

雑誌の特集のように

「あなた丸顔だから丸はダメね」とか

「面長だからたて幅が大きい方がいいよ」とか

ありきたりなアドバイスは簡単なんですが、

でも、そのメガネかけたいですかね?

 

欲しいものじゃないと、結局掛けないんじゃないかと思うんです。

どうせメガネをかけるなら、もっと自由に選んだ方がいいんじゃないの?と。

 

そんなこと言ったって、似合わないメガネなんてかけられないだろ!

はい、ごもっとも。

ということで、今回は私がいつも提案しているメガネの選び方をお伝えします。

メガネの選び方がよく分からない!という方は、そのまま続きをどうぞ。

 

スマホでバーチャル試着ができるサイトはこちら

セオリーは捨てていい。もっと自由に選ぼう!

一般的に似合うフレームというのは、顔の形を強調しないものを推奨しています。

丸顔に丸はダメというのがそうです。

丸さが強調されてしまうから。

あと面長であれば、細いフレームよりは縦幅があるものが良いとされています。

 

ですが、これを追求していくと自分の好きなものは一切選べません。

そんなの楽しくないですよね。

 

昔、メガネは顔の一部です~ってコマーシャルがありましたが、本当その通り。

毎日かけるものなので、好きなもの、気に入ったもので楽しんでもらいたいと思います。

気にするのは、サイズ感と目の位置だけでOK!

メガネの選び方のセオリーに関しては、「メガネ 選び方」で検索するとたくさん出てくると思います。

いわゆる、顔の形と似合うフレームってやつですね。

でもこれって意外に難しいような気がします。

 

なぜか?

 

自分の顔の形って客観的にわかりますか?

 

髪型の本でもありますよね。

似合う髪型と顔の形。

 

はっきりと、ホームベース型とか真んまるの顔をしてれば判断はつきます。

でも、卵型のような面長のような。。。。

角ばってはいるけど、そこまででもない、、、、

どっち?みたいな。

 

まぁ、私だけかもしれませんが、とにかくわかりづらいな、、、と常々思っておりました。

 

なので、もっと単純に出来ないものか。

 

そこで、私が友人に教える時に伝えるのは基本的に2つ。

サイズ感と目の位置です。

顔の形はとりあえずスルーしてください。

 

サイズ感というのは、レンズの大きさのこと。

目の位置というのは、メガネをかけた時に目がどのあたりに来るのか?ということです。

これは分かりづらいので、図を交えながら解説します。

 

まずサイズ。

サイズ感は重要で、「似合っている」と感じるサイズがあります。

それは、顔の3分の1くらいまでの縦幅にすること

ここでいう顔というのは顎の先から眉毛までを指します。

おデコは含みません。(おデコは頭)

 

フレームの縦幅をみてください。

フレームの縦幅をみてください。

このタテの長さが顔の縦幅の3分の1程度の長さであれば、安心。

それ以上になってくると、少しずつ野暮ったくなってきます。

右は3分の1以内に収まっていますが、左は少し飛び出します。

多少であれば許容範囲ですが、右側の方が似合っている印象です。

 

もう一つ。

よくある丸メガネ。

これも右がほどよいサイズに対して、左が大きめ。

よく小顔効果を狙った女子的な感じだと左ですね。

でもサイズ感でいくと右の方が合っています。

 

この基準でフレームを見ていくとサイズ感がちょうどいいものが見つかると思います。

見た目で判断が難しいようであれば、

  • 自宅でアゴの先端から、眉毛まで何センチあるか計る。
  • そして、定規を持ってメガネ店に行く。

 

フレーム選びのポイント

フレームの縦幅は、アゴの先端から眉毛までの長さの3分の1以内に収める

例)アゴから眉毛までが66cmあったとすると、3分の1の22cmまでのフレームで選ぶといい

※多少の前後はありです。
でも、だいたいそのあたりがベストのはずです。

どうしても大きいのを掛けたい!

わがままなやつめ、、、、、。

  • ファッション的に大きいのを掛けたい
  • 小顔効果を出したい

といろいろ理由はあるのでしょうが、

「でも大きいの掛けたいし!」

と言われることがあります。

 

正直、知らんがな!

って話ですが解決策もあります。

 

それは「おでこ」

おでこを出すことによって、全体的に顔の縦幅が長くなった印象を受けます。

なので、どうしても縦幅のあるフレームをかけたい!

という方は、おでこを全開MAXでデカメガネをかけてみてください。

多少縦長のフレームでも違和感なくかけられると思います。

前髪下ろしたバージョンとおでこ出しのバージョン。
前髪があると、メガネの面積が多くなるので圧迫感がでます。
逆におでこを出すと、メガネが占める面積が減るためスッキリします。

髪型によっても印象が変わるんです。

大きいフレームは要注意!度を入れると印象が変わる

大きいフレームを選んだ時のデメリットというのもあります。

経験ありませんか?

出来上がってかけたら、何か違う感。

 

多くの日本人は近視なんですが、

近視の場合、レンズを通して見た場合に目が小さくなります。

その上、フレームが大きければ大きいほど、目のサッカクで目玉が小さく見えます。

近視での目が小さくなる+目のサッカクによって目が小さく見える

 

つまり、めっちゃ目が小さっ!ってなる可能性があることは覚えておきましょう。

ダテメガネならOKです。

目の位置は超重要!!!!

次に重要なのが目の位置。

サイズ感よりも、むしろこっちが重要です。

 

これは単純なのですが、

フレームをかけた時に、

目が半分より外側に行かないようなものを選ぶ。

なぜか、、、、

目が半分よりも外側に入ってしまうと、目が離れて見えてしまうから。

 

どんなにサイズ感がよくても、目が離れて見えたら残念な感じになっちゃう。

なので、これは必ずチェック。

かけてみて鏡を見ればわかります。

 

視力の関係で見づらいようであれば、写メしてチェックしましょう!

基本的にはこの2点を注意して、フレームを選べはOK!

 

イメージとしては、こんな感じです。

図を見てもわかるように目が離れて見えてしまう原因は、フレームの横幅にあります。

つまり、横幅が顔幅よりも狭くなっていくと目が離れて見えるのです。

 

幅が狭いと締め付けがキツくなるので、掛けづらいとも感じるはずです。

ただ、デザインによっては、小さくなくても目が離れて見えるものがあるかもしれません。

なので、気をつけてチェックしましょう。

それでも似合わないなら、カラーや素材で選べ

言われた通り選んでも、似合わねーし!

 

正直、苦情は受け付けていないんですが、、、、、。

しかし、困りました。

 

確かに、奇跡的に似合うメガネがない、、、

そういう時はあります。

カラーはコントラストで選ぶ

そんな時は、カラーを気にしてほしいです。

フレームの色。

例えば、青でも濃い色から薄い色まで微妙に違うんです。

茶や赤もそう。

パステルカラーもあります。

 

だいたい、フレーム1型に対して4~5色で展開しているものが多いので、

似合わないと思ったら、同じ型の違う色をかけてみてください。

「あ、これならいいかも」という色があるはずです。

同じ形で全カラーを試していくと、似合う色の傾向がなんとなくわかってきます。

そうなったら、こっちのもんです。

 

カラーは、顔の色から遠ければ、違和感が強くなります。

逆に近くなれば馴染みます。

でも、薄くしすぎると、溶け込みすぎて違和感が出ます。

つまりコントラストの差。

 

白い顔に真っ黒のフレームは、違和感が出ます。

浮いた感じに見えるのです。

白い顔なら、真っ黒よりも、少しグレーよりの方が馴染みます。

ざっくり言うと肌が黒い人は、濃い色のもの。

白い人は、薄い色が馴染みます。

 

ただ、初めからこの色は似合わないという先入観はなくしましょう。

まずは掛けてみる。

メガネの色は、素材によっても発色が違います。

なので、見ただけでは判断しづらいんです。

 

目が悪い人は、写メして確認。

全体像がぼやけていると判断がしづらいことがあるので写真を取りましょう。

フレームの素材でも印象は違う

フレームも金属なのか、セルフレーム(プラスチック)なのかでも印象が違います。

セルはフレームが太いので、主張が強くなります。

なので、初心者は金属の方が違和感は少ないでしょう。

お店でたくさんメガネを試すのが恥ずかしい?だったらバーチャル試着で似合うメガネを探そう!

  • 実際のお店だと試着しまくるのが恥ずかしい。
  • 店員が話しかけてきて気まずい。
  • さすがにたくさんのフレームかけるのには勇気がいる。

と感じる人もいますよね。
そんな時はバーチャル試着ができる通販メガネサイトを利用しましょう。

例えば、こちらのサイト「Smart Buy Glasses」

ウェブカメラを使ってバーチャル試着ができます。
自宅で試着ができるので、、、

店員からオススメされる心配がありません。
他のお客さんの目も気になりません。
恥ずかしがることなく、冒険したフレームも試着できます。

実店舗では試すのが恥ずかしい、、、という人におすすめです。

バーチャル試着の使い方

サイトへアクセス

Smart Buy Glasesのサイトに行くとこんな画面が出ます。
右上のメニューから

メニューからバーチャル試着を選択

メニューを開くと下の方に「バーチャル試着」という項目があります。
それをクリック!

すると「利用開始」ボタンが出てくるので押します。

カメラへのアクセスを求めてくるので「許可」を押しましょう。
カメラが起動します。

いよいよバーチャル試着

カメラアプリのようなものが立ち上がります。
中央の楕円の中に顔を入れましょう。
メガネを外した状態で撮影します。

あとは指示通りに顔を左右に動かしたらOK。
撮影が終了すると、顔の抽出を行ってくれます。

この画面が終わったら試着のサンプル画像が出て行きます。
あとは、メガネのフレームを選ぶだけ。

商品ページに自撮りビューが追加されているので、随時画面を切り替えてください。

バーチャル試着を試してみたい方はこちら

メガネの選び方のまとめ

今日の話をまとめると、

  • サイズはアゴの先端から眉毛までの長さの3分の1を基準にする
  • メガネをかけた時に、フレームの真ん中より内側に目が来るものを選ぶ
  • フレームは同じ形の違う色もかける
  • 素材の違うものもかけ比べる

このあたりを気にしながら選んでみると、気に入ったものが見つかるかもしれませんよ。

お店で選ぶのは恥ずかしい。。。
と言う方は、先ほど紹介したバーチャル試着を試してみてください。

似合うのが見つかったら、そこで買うもよし。
その画像を持ってメガネ屋さんで探すもよしです。

どうせ掛けなきゃならないメガネです。
メガネライフを楽しみましょう。

バーチャル試着を試してみたい方はこちら