映画をいつでもサービスデイ価格で観る方法とは!?

このお店がすごい

あなたは映画が好きですか?

サービスデイ価格で映画を見ていますか?

札幌に住んでますか?

 

もしあなたが”映画好きな札幌で活動するフリーランス”なら

”いつでもサービスデイ価格の1100円で映画を見ることができます!”

 

いつでもです。

 

サービスデイといえば、毎月1日とか、水曜とか木曜とか決まった日ですよね。

でも、その日に行けるとは限らない。

しかも、混んでる。

めっちゃ混んでる。

 

はい、私、並ぶの嫌いです。

あなたもそうですか?

 

だったら、この方法はあなたのものです。

 

それではいつでも映画をサービスデイ価格の1100円でお得に見る方法について解説していきます。

子育てファミリーに大人気!みんなの優待(初月無料)

映画をいつでも1,100円で見るための条件とは?

この方法。

もちろん、誰でもというわけではありません。

ある条件をクリアする必要があります。

 

あ、がっかりしました?

 

ですが、もしあなたが私と同じようなフリーランスで札幌在住なら可能性はあります。

その条件というのが、

 

  • さぽーとさっぽろに加入していること(もしくは加入できる人)
  • JRタワースクエアカードを持っていること

 

 

この2点です。

この2点をクリアすることで、映画が1,100円でいつでも見ることができます。

どういうカラクリで1,100円になるの?

これは”さぽーとさっぽろ”という中小企業向けの共済を利用した裏技です。

ですので、”さぽーとさっぽろ”に加入する必要があります。

入会するには、月額1,000円かかります。

 

えー!金かかんのかーい!

 

ご安心を後述しますが、

会費を払ってもお得です。

その辺については後述しますので、まずは解説を。

 

さぽーとさっぽろでは、年に一回割引を受けられる助成券を配布しています。

つまり、それを利用することで映画が割引価格で見ることができるのです。

 

通常1800円のところをさぽーとさっぽろの助成券を使えば1400円で見れちゃいます。

学生以下の場合は、その料金から200円割引になります。

映画を頻繁に見る人には嬉しいですよね。

区分 割引価格 一般料金
大人 1,400円 1,800円

しかし、1,400円。

それでも高いと感じる人は多いと思います。

サービスデイであれば1,100円なわけですから。

サービスデイの特別料金からも割引可能

一応、助成券を使えば、、、、、

レディースデイ・メンズデイなどの特別割引料金からも割引してくれます。

映画サービスデイ、レディースデイ、シニア割引、早朝割引、深夜割引など特別料金になっている場合は、その特別料金から200円を差し引いた金額でご利用になれます。

出典;さぽーとさっぽろ公式ページより

どういうことかというと

例えば、さっぽろシネマフロンティアなら

サービスディ(毎月1日)料金は1100円なので、200円割引で900円で映画鑑賞ができることになります。

なんと通常価格の半額

 

じゃー1,100円じゃなくて900円でさらにお得じゃないか!

 

と思うかもしれませんが、実はこれだと損をしてしまうかもしれません。

それについては後述します。

さぽーとさっぽろで割引が受けられる札幌の映画館は?

札幌市内で割引が受けられる映画館は次の通りです。

  • 札幌シネマフロンティア
  • ユナイテッドシネマ
  • ディノスシネマ札幌劇場
  • シアターキノ

まぁ、今回の割引の裏技はJRタワースクエアカードを利用しての話です。

なので劇場はシネマフロンティアを利用します。

 JRタワースクエアカードを使うと300円割引

次にJRタワースクエアカード。

これを利用すると300円の割引がで起用されます。

ただし、割引は窓口でしか適用されないのでご注意を!

JRタワースクエアカードのご提示・ご利用で
札幌シネマフロンティア 当日一般料金 300円OFF

【 割引について 】
インターネットチケット購入は、JRタワースクエアカードご提示による割引(当日一般料金300円OFF)の対象外です。

(出典:http://www.jr-tower.com/privilege_card#privilege02より)

 

さて、割引。

通常だと割引の併用というのはできないですよね。

しか〜し、”さぽーとさっぽろ”の助成券と”JRタワースクエアカード”の割引は併用できるのです。

ここ盲点!

助成券持っている人でも、意外と知らない人もいるはず!!

(知ってたらごめんなさい。。。。)

なので、さらに300円割引してもらえます。

 

つまり、、、、、

さぽーとさっぽろ助成券を使って

1,800円→1,400円に!

さらにJRタワースクエアカード割引で

1,400円→1,100円に!

 

これで、いつでも好きな日に、

あなたの都合のいい日に

映画を割引価格で見ることができます。

会費を払っても本当にお得なの?

では実際に計算してみましょう。

1年間で考えます。

会費1,000円×12ヶ月なのでコストは12,000円

一方割引は、400円割引×40枚なので16,000円

 

この時点で、支払った分よりも4,000円分お得になっている計算です。

 

さらに、このさぽーとさっぽろは退職金積立があります。

その分を加味しましょう。

1年で掛け金100円あたり1,115円の一時金が支払われます。

掛け金は月額1,000円のうち400円分が当てられていますので、

4×1,115円で4,460円

先ほどの16,000円と合わせると20,460円

 

つまり、、、、

8,460円お得!ということになります。

どうですか?

なかなか割がいいと思いませんか?

 

サービスデイ料金に助成券を使うと損しちゃう!?

先ほど、さぽーとさっぽろの助成券はサービスデイ料金にも適用できるというお話をしました。

これは損をしてしいます。

なぜかというと、、、、、

 

サービスデイでの割引は200円と割引率が下がってしまうから。

チケットが40枚と決まっているため、

200円×40枚で8,000円分の割引しか受けられません。

単純に先ほどの半分の割引額です。

 

サービスデイでは、カードでの割引が効かないので、それ以上の割引も受けられません。

金額としては900円は魅力的ですが、お得感は無くなってしまいます。

 

もちろん、助成券を使わないでも受けられる割引を利用することで元を取ることは可能だと思います。

しかし、せっかくの助成券。

最大の割引率で使っていくのがベストじゃないですか?

JRタワースクエアカードって?

さて、ここからは、それぞれのサービスについて解説です。

出典:http://www.jr-tower.com/about_cardより

札幌市内在住であれば知らない人はいないだろうJRタワースクエア。

 

札幌駅直結のショッピングセンターのこと。

ほとんどのものがここでそろってしまうため、街中(大通り方面)まで、めっきりいくことがなくなりました。

そんなJRタワースクエアですが、独自のクレジットカードを発行しています。

JRタワースクエアーカードは初年度年会費無料、2年目以降も1,000円以上の利用があれば無料。

ポイント還元率は100円から1ポイントつきます。

つまりコンビニでおにぎり一個買ってもつきます。

ポイントの還元率がいい!

ほとんどのカードが1,000円以上から100円につき1ポイントやそれ以下のところが多いなか、なかなかの優れもの。

しかも、JRタワー内での買い物をカード決済すれば100円で2ポイントつきます。

JRタワーでの買い物が多いなら最強のカードと言えます。

年に1〜2回、5倍ポイントセールなどもやるので持っていて損はないカードです。

有効期限に注意。ポイントは1年間。チケットに引き換えたら90日

溜まったポイントは、500ポイントで500円分の商品券と交換可能で、

JRタワースクエア内のショップで利用することができます。

商品券と引き換えてしまうと90日以内に使わないとならないので、使うときに交換する方がいいでしょう。

”さぽーとさっぽろ”って何?

では、”さぽーとさっぽろ”とは何なのかを説明します。

“さぽーとさっぽろ”は、正式名称は”公益財団法人札幌市中小企業共済センター”です。
中小企業向けに退職金制度や福利厚生の充実を目的として設立された組織です。

福利と退職金がセットになったもので月額1,000円から入会ができます。

入会することで、対象施設での割引などが受けられる会員証と助成券が手に入ります。

 

映画館割引は、ここでもらえる助成券を利用します。

助成券は1年間で40枚。

この他にスキーリフト券の割引チケットが冬になると送られてきます。

慶弔金の受け取りや退職金の積立が可能

月額費用の内訳としては、福利会費が600円、退職金積立が400円の合計1,000円が月額最低の掛金になります。

フリーランスでも退職金が欲しい!

という人は掛金をアップすることで将来もらえる金額が変わってきます。

主なサービスとしては

  • 退職金の積立
  • 年金
  • 慶弔金の贈呈
  • 融資斡旋
  • 指定店やレジャーの割引

など

詳しくはさぽーとさっぽろ公式サイトをご覧ください。

様々な割引サービスが受けられる

”さぽーとさっぽろ”で特に充実しているのが福利共済制度です。

  • 体育館
  • 映画館
  • 博物館等文化施設
  • スキー場
  • ホテル
  • 舞台や演劇のチケット
  • ツアー旅行
  • イベント参加料金
  • 健康診断

などで割引が受けられます。

健康診断も割引価格で受けられるので、体が資本のフリーランスにとってもメリットがありますよね。

フリーランスでも入会可能なのか?

公式サイトでは個人事業主であれば入会が可能と書いています。

しかし、フリーランス。

フリーランスも個人事業とはいえ、会社という感じではない。

もちろん法人化している方などは別なのですが、私はそうではない。

 

なので、事務局に問い合わせをしてみました。

するとフリーランスも入会可能でとのこと。

 

よっしゃー!

ということで早速、加入手続きをとりました。

 

入会の申し込みは毎月19日締め切り。

入会手続きが済むと、

  • 会員証
  • 会報誌
  • 事務手続き用の冊子(慶弔金申請など)
  • 助成券(割引を受けるときに使うチケット)

が送られてきます。

会員証と助成券が手に入れば、あとは助成券の枚数分割引が受けられます。

助成券は1年間で40枚付いてきます。

この他にスキーリフト券の割引チケットが冬になると送られてきます。

さぽーとさっぽろの会報

割引の時に使う助成券

フリーランスが加入する際には「屋号」が必要

フリーランスでも加入できますが、一つ注意点があります。

それは「個人名」では受け付けてくれないこと。

 

フリーランスだと「個人名」で活動していることが多いと思います。

しかし、「個人名」では受け付けてくれません。

 

私も一度個人名で申し込みをしたところ。

申し訳なさそうに「個人名ではちょっと、、、、」と電話がかかってきました。

 

これは手続き上の問題らしく、「屋号」で申し込めば問題ないそうです。

なので、申込書の「企業名」の欄に「屋号」を記入して申し込みましょう。

2年以上加入していれば慶弔金も受け取れる!

会社員であれば、節目節目で会社から慶弔金を受け取ることができます。

しかし、フリーランスにはそれはありません。

「それは、ちょっと寂しいな、、、」

という方に朗報です。

”さぽーとさっぽろ”なら月額1,000円の負担で下記の慶弔金が支給されます。

  1. 成人祝金
  2. 結婚祝金
  3. 出産祝金
  4. 入学祝金
  5. 永年勤続慰労金
  6. 還暦祝金
  7. 銀婚・金婚祝金
  8. 傷病見舞金
  9. 災害見舞金
  10. 死亡弔慰金

の10種類。

名称 慶弔金
成人祝金 一律5,000円
結婚祝金 加入3年未満20,000円
加入3年以上30,000円
出産祝金 一律20,000円
入学祝金 一律10,000円
永年勤続慰労金 加入2年以上で同一企業に継続して

勤続5年5,000円
勤続10年10,000円
勤続15年15,000円
勤続20年20,000円

還暦祝金 一律10,000円
銀婚・金婚祝金 加入2年以上で

銀婚 20,000円
金婚 30,000円

傷病見舞金 一律20,000円
災害見舞金 一級50,000円
二級30,000円
三級10,000円
死亡弔慰金 会員50,000円
会員の配偶者・子30,000円
会員の実父母20,000円
会員と同居している配偶者の実父母10,000円
会員および配偶者の死産10,000円

出典:さぽーとさっぽろガイドブックより

家族持ちの方であれば、対象の慶弔金がいろいろあるのでお得です。

まとめ

「さぽーとさっぽろ」に加入して、JRタワースクエアカードを持っていれば、映画がいつでも好きな時に1,100円で見ることができます。

「さぽーとさっぽろ」に加入するには、月額1,000円かかってしまいますが、それを加味してもお得なサービスであることがわかっていただけたと思います。

1年間で40枚の助成券が発行されるので、割引率を最大化するには、サービスデイ以外の日に利用する方がベスト。

 

最後にまとめます。

映画を好きな時に1,100円で見るためには、、、、

  • JRタワースクエアーカードを作る
  • さぽーとさっぽろに加入する
  • 両方の割引を使って、サービスディ以外の日に利用する。

 

これでサービスデイに加えて、自分の好きな日に特別価格で映画を見ることができます。

 

さぽーとさっぽろのお問い合わせはこちら

JRタワースクエアーカードは、

で作ることができます。