エバンジェリスト養成講座 in 札幌 参加してみた

参加してみた

2019年8月8日に札幌で開催されたエバンジェリスト養成講座。
参加してきました!

講師はMicrosoftの西脇資晢さん。

北海道には年に10回くらいは訪れているという西脇さん。
ウィンタースポーツでニセコやトマムを満喫している模様。

そんな地元トークで場を和ませつつ、スタートしたエバンジェリスト養成講座。
内容は、プレゼンでのテクニックでした。

プレゼンの目的は資料作りじゃない

プレゼンというと、資料作りに没頭してしまいがちです。
真面目な人ほど、情報ビッチリの資料を作りこみます。
しかし、どんなに詳細な資料でもテクニックがないと台無し。

なぜなら、テクニックがないとほとんどの人がプレゼンの内容を覚えていないから。
実際、講座内でもテクニックを使わずに、情報量が多いスライドを使ったデモンストレーションをしてくれました。

そして、終わった後に西脇さんが内容についての質問をしていきます。

西脇さん「****年の売り上げがいくらだったか覚えている人」

会場 「シーーーーーーン」

西脇さん「え?誰もいないの!?」

その後もいくつかデモンストレーションの内容について質問がありましたが、ほとんど覚えておらず。
あるテクニックを使わないと全く人の記憶には残らないことが証明されました。

プレゼンの目的は買ってもらうこと

当たり前ですが、プレゼンの目的は買ってもらうことです。
あるいは出資してもらうとか、協力を仰ぐとか。
とにかく行動してもらわないことには意味がありません。

「いい話だったね〜。それじゃ、また今度」では意味がないんです。

  • もし、プレゼンが上手くいかない、、、。
  • 購入につながらない、、、。

と感じているなら、このエバンジェリスト養成講座はあなたのためのものです。

書籍との違いは?

翔泳社から「新エバンジェリスト養成講座」という書籍が出ています。


これはセミナーの内容を書籍化したものです。
確かに、テクニックについては書籍からでも学べます。
ですが、僕はリアルセミナーに参加することをオススメします。

なぜなら、テクニックを体験できるからです。
リアルのいいところは、講師が講座で話す内容の実践を実際に自分が体験できることです。
今回もそうです。

本は知識を得るにはいいですが、体験はできません。
実際にそのテクニックをどのように使っているのか。
そして、そのテクニックを使われると、どう感じるのか。
それがリアルに感じられるのは講座に参加した人だけ。

得られるものが断然に違うはずです。

ps.最後に書籍にサインもらっちゃいました