売り上げに困った時に、新規集客をしてはいけない理由とは?

このお店がすごい

売り上げが上がらない、、、、。

そんな時、あなたが経営者なら一体どんな施策を考えますか?

 

「チラシを出そう!」

「広告だ!」

「SALEだ!」

 

とにかく新規でお客さんを獲得しよう!

 

となることが多いのではないでしょうか?

 

 

 

、、、、残念、それ間違いです。

 

値段を下げることで、新規集客をしよう。
それ自体は間違いではありません。

 

しかし、売り上げが上がらない。

ということは、利益も出ていないはずです。

そんな状態で新規集客に取りかかってしまったら、、、、。

 

大変なことになってしまうかもしれません。

なぜか?

それは新規集客は利益が出ないことが当たり前の施策だからです。

この記事では売り上げが上がらなくて困っている店舗型ビジネスの経営者が、
新規集客をやってはいけない理由とやるべき施策について紹介しています。

売り上げに困って新規集客するのは間違い。

売り上げに困る。

これはどんな経営者でも一度は経験したことがあると思います。

そこで考えるのは、新規集客のチラシ。

セールや割引をうたって集客をしようとします。

 

しかし、これらはやってはいけません。

何故なら利益が出ないからです。

売り上げが上がらない、、、、ということは、すでに利益で出ない体質になってきているはず。

その上に、割引で利益を減らし、さらに広告費用をかける。

経費倒れになるのが目に見えています。

 

もちろん、新規獲得は必要です。

しかし、売り上げが上がらないと困っている段階でやることではないのです。

しかも、新規集客というのは、ご存知の通り一番難しいところですよね。

これまでにも、様々な施策を行ってきたのではないでしょうか?

 

それでもターゲットを絞り、コピーライティングを駆使したチラシなら、ある程度は見込めるかもしれません。

しかし、それでも新規集客というのはとても難しいものです。

基本的には費用対効果から行ったらトントンか赤字になります。

 

ではどうするのか?

もっと簡単なところで勝負をするのです。

それはすでにあなたのお店で購入したことがある人をターゲットにすることです。

狙うのは過去にあなたのお店で買ったことがある人

 

新規客は、あなたのお店と他のお店を比べている状態です。

つまり競合があふれた中であなたは戦わなくてはなりません。

どんなに魅力的な商品やサービスを扱っていたとしても、数あるお店の中から選んでもらうのは至難の技です。

しかし、すでにあなたのお店で購入したことがある人は違います。

あなたのお店の商品サービスの中から、「欲しい」というものがあれば購入していくれます。

 

つまり、顧客とサービスがマッチすれば売れてしまいます。

品揃えの問題です。

顧客はあなたのお店の中で、買うか買わないかを判断します。

ここに大きな違いがあります。

優良顧客にターゲットを絞る

その中でも最も反応がいいのが優良顧客です。

過去に何度も購入経験があり、利益を出してくれている顧客。

そんなお客さんはいませんか?

 

彼らにダイレクトメールを打つ方が、下手に新規の広告を打つよりも大きな利益を得ることができます。

印刷代は別にかかりますが、ハガキなら1人あたり52円の経費ですみます。

 

1000人の優良顧客にDMを出すのと、10000部新規集客チラシ。

一体、どちらが効果があるでしょうか?

DMの内容にもよりますが、圧倒的に優良顧客の方が反応してくれます。

 

何故か?

いつも行っているお店だからです。

 

最近来ていない人なら、「ちょっと顔出してみようか?」

と思ってくれるかもしれません。

でも、行ったことがないお店のチラシや広告なら?

 

新規オープンなら来てくれるかもしれません。

大幅な割引セールをしているなら来てくれるかもしれません。

しかし、利益は望めません。

 

利益を出してくれるのはあくまでリピーターです。

もしあなたが売り上げに困っているなら、まずは既存客へのアプローチから始めてください。

 

 

ps.売り上げに困っているなら、この本がヒントになるかもしれません。