遠近両用は「まだ早い」と感じる40代から。「そろそろ」なんてもう遅い

元メガネ屋の情報

遠近両用というメガネがある。
老眼で近くが見づらくなってきた時に使うメガネだ。
老眼鏡とは違い、遠くと近くが両方見える。
その特徴から高齢者用のメガネと思うだろう。

しかし、そうではないのだ。
実は年齢が上がれば上がるほど、使いづらくなる。
遠近両用は高齢者向けの印象があるにも関わらず、彼らにとって使いにくい特徴があるのだ。

高齢者が遠近両用を使いこなせない構造上の理由

遠近両用メガネのレンズは特殊な構造をしている。
レンズ上部から下に向けて度が変化するのだ。
遠くを見る時はレンズの上半分を。
そこからレンズ下に視線を向けると徐々にピントの合う位置が近くになる。

例えば、上の方では1m先が見える。
半分下では30〜50cmにピントが合うといった具合だ。
そして最終的にレンズの下方で手元を見る。
遠くから近くまでレンズの上下に視線を移しながら見るようにできているのだ。

これが高齢者には使いにくい。
年齢とともに眼球の動きが鈍くなるからだ。
年とともに目の上下運動はツラくなる。
左右への眼球運動は問題なくても、上下は難しいのだ。

縦書きの本をよく読む。
楽器の演奏で、楽譜と指揮者を目線で追うなど。
日常的に目だけを上下に動かす人は別だ。

しかし、ほとんどの人はものを見る時に顔を動かす。
眼球だけ動かすことに慣れていないのだ。

ここに高齢者が遠近両用メガネを使いこなせない理由がある。

老眼の度が進むとさらに慣れずらい

遠近両用メガネではレンズの下方で手元を見ると言った。
これには目だけを下に動かさなくてはならない。
通常、手元を見る時は顎を引く。

しかし、それではレンズの上半分を通して近くを見ることになる。
それでは老眼がある場合は手元が見えない。
極端にいうと目線は固定したまま、顎を出す感じになるのだ。

さらに難点がある。
慣れるまでに時間がかかることだ。
しかも大抵の場合、老眼が進んでから遠近両用メガネを考える。
老眼は早い人で40前半から症状が出始めるが、購入を検討するのは50〜60代から。
すでに老眼がある程度進んだ状態なのだ。

老眼が進むということは、レンズの度を強くする必要がある。
レンズの構造上、レンズの上と下とで度のギャップが広がってしまう。
つまり急激に度が変化するのだ。

メガネの縦幅は3〜4cm。
この中で急激に度が変化するとどうなるか。
メガネを通してものを見た時に揺れや歪みを感じやすくなるのだ。
船酔いみたいになるのだ。

慣れるまで船酔い状態でメガネをかける。
まるで拷問だ。
目の上下運動能力の低下、度が進むことによる慣れにくさ。
遠近両用メガネが高齢者に向かない理由である。

遠近両用メガネを諦めたお客さん

以前、遠近両用メガネを作りたいと50代後半のお客さんが来店した。
話を聞くと遠近両用は初めてだと言う。
会議の時にメガネの掛け外しが面倒。
遠近両用にしたいと言う。
50代後半で遠近初めて。

経験上、「これは難しいかも」という直感が頭をよぎる。
「大丈夫な人もいるから」と淡い期待を抱きながら検査を開始。
しかし案の定、老眼の度数が強度。
無理の可能性が高まる。
ひとまずテスト用のレンズで試してもらう。

するとかけた瞬間にお客さんが「うわっ!」叫んだ。
「これはダメだわ。床が揺れる」と気持ち悪いご様子。
思った通りだ。

違和感ない度まで下げてみる。
すると今度は近くが全く見えなくなった。
結局、遠近両用1本で生活することは断念することになった。

若いうちに慣れておいた方がいい

老眼が進むと遠近両用には慣れにくい。
ほとんどの人が「掛けられない」となる。

ではどうしたらいいのか。
遠近両用を早い段階で使うことだ。
老眼は40代前半から軽い症状が出てくる。

  • 細かい字が見づらくなる。
  • 暗くなると近くが見えない。
  • ガネを外した方が近くが見やすい。

などだ。

症状が軽いうちであれば、度のギャップが少ない。
だから、すぐに慣れることができる。
目の上下運動にも支障はない。

初めに違和感があるとしても、船酔いほどにはならない。
子供がすぐにメガネに慣れられるように、すぐに使えるようになる。
若いうちは順応能力が高いのだ。

「まだ早い」と思った時が遠近購入のタイミング

遠近両用メガネは便利なメガネだ。
老眼をサポートしてくれ、それ一本で遠くも近くも見える。
老眼鏡とかけ得る必要がない。

しかし、世間のイメージのように高齢者向けのものではない。
「ちょっと近くが見づらくなったかな?」という段階から取り入れて欲しいメガネなのだ。
度が進んでからでは掛けられない。
「まだ早い」と思った時が遠近両用メガネに変えるちょうどいい時期なのだ。