退職代行はなぜ必要?

転職

退職代行サービスが話題になっています。
特に20代の若者の関心が高いようです。

LINEやメールで気軽に相談でき、嫌な会社から簡単に抜け出すことができる。
その気軽さに注目が集まっているようです。

しかし、退職代行サービスはなぜ必要なのでしょうか?
そこで今回は、退職代行の必要性について考えてみたいと思います。

なぜ退職代行が必要なのか?

最近、退職代行という言葉がトレンド入りしています。
ツイッターなどでも「退職代行」に関する記事やニュース。
実際に使った人や気になっている人の投稿を見かけるようになりました。
それだけみんなの関心が高いことなんだと思います。

退職代行。
一口で言えば、他人にケツを拭いてもらう行為です。
そのため、ツイッターを見ていても否定的な意見が多い印象を受けました。

また、退職代行に依頼することで「気軽に」仕事を辞めてしまうことに嫌悪感を抱く人も一定数いるようです。
要するに無責任だということでしょう。
一理あります。
辞める時くらい自分の口で言え。
その意見もわかります。

しかし、退職代行の利用者は、本当にそんな気軽に利用して無責任に仕事を辞めていく人ばかりなのでしょうか?
退職代行が本当に必要なのは、ブラック企業に勤める人たちです。

ブラック企業に入ったら自力で抜け出すのは難しい

© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 URL: http://mangaonweb.com/

会社でひどい扱いを受けながらも、「辞めることができない」
そんな彼らを救う手段として退職代行はありだと思います。

誰にでも会社を止める権利はあります。
しかし、それを受け入れてもらえないケースもあるんです。

例えば、、、

「辞めるなら後任を見つけてこい」

© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 URL: http://mangaonweb.com/

本来、人を補充するのは会社の役目です。
それを退職希望者に押し付け、辞めさせない手段。
ブラック企業というのは、かなり理不尽な対応を取ってきます。
よほど強気でいかないと押し切られてしまいます。

「改善するから、もう少し頑張ってくれ」

© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 URL: http://mangaonweb.com/

辞める理由を聞かれてうっかり答えた時に出てくるフレーズ。
「わかった。改善するから」と鳴き落としにかかってきます。
理由を言ったが最後、「改善する」と辞める理由を崩しにかかってきます。

「責任感がないのか!」

辞めると言った瞬間に豹変する場合があります。
「途中で仕事を投げ出すのは責任感がない」から始まり、人格否定。
そして、精神的に追い詰める暴言を吐いてくることもあります。

このようにブラック企業は入ったら最後、普通の手段では抜け出すことができないのです。

だから退職代行が必要

ブラック企業に勤めてしまうと普通に手段で抜け出すことは困難です。
あれこれ難癖をつけて辞めさせない方向に持っていきます。
特に最近は人手不足なのでブラック企業側も必死です。
あの手この手で繋ぎとめようとします。

はっきり言ってそんなのに構っているのは時間の無駄。
正攻法で辞めるのが無理なら、専門家を雇うしかないのです。
それが退職代行というサービスです。

退職代行は、あなたの代わりに退職の手続きをしてくれます。
LINEやメールから気軽に相談ができ、早ければ即日退社も可能です。
入金を済ませれば、あとは退職代行業者が会社とやりとり。
退職へ向けて手続きを済ませてくれます。
あとは業者からの連絡を待つだけ。

ただし、注意も必要。
事前にどこまで対応してくれるのかをしっかり確認する必要があります。
特に未払い賃金がある場合は、別途で依頼が必要です。
退職代行はあくまで「退職手続き」の代行であって「未払い賃金」のではないからです。
ここは気をつけましょう。

退職代行を使って退社した場合、あとあとトラブらないのか?

退職後のトラブルを心配する人も多いと思います。
特に相手はブラック企業。
何をしてくるかわかりません。

そこでオススメなのが、弁護士が行なっている退職代行サービスです。

通常の退職代行サービスは、弁護士が監修しているものの、サービス自体は弁護士が行う訳ではありません。
そのため、後々トラブルになるケースもあるようです。

例えば、、、、

と言った声があったり

業者に任せたから安心と思って、会社側からの連絡を無視していたら、会社側の弁護士から損害賠償請求の訴えを起こされたというケースの相談も出てきています。

引用:https://diamond.jp/articles/-/201322?page=3

と言ったニュースも散見されます。

そのため、トラブルに可能性があるかも、、、と心配な方は、弁護士が行う退職代行がオススメです。

汐留パートナーズ法律事務所

出典:http://taishoku-service.com

特徴

  • 弁護士による退職代行なので、退職後のトラブルも安心
  • 即日退職も可能

退職代行費用

54,000円

オプション費用:
※未払給料・残業代・退職金 等の請求に関して着手金無料
成功報酬 経済的利益の20%

 

通常の退職代行サービスは、弁護士監修ですが弁護士が業務を行うわけではありません。
その点、汐留パートナーズは担当弁護士が直接、退職代行業務を行います。

そのため、ブラック企業相手の退職でも安心。
未然にトラブルを防ぐ交渉はもちろん、退職後のトラブルに関する相談いも乗ってくれます。

もし、あなたがブラック企業に勤めていて、今すぐにでも辞めたい、、、と思っているなら
いますぐ、下のリンクから相談してみてください。

↓   ↓   ↓

「汐留パートナーズ法律事務所」に相談する